当リゾートのセラピスト

アンサナ・スパでは、バンヤンツリー・スパの規則に従い、すべてのセラピストが独自の訓練を受けています。タイのプーケット島とインドネシアのビンタン島にあるバンヤンツリー・スパ・アカデミー(正式認可校)では、厳格なカリキュラムに基づいて各セラピストが最低 350 時間のトレーニングを受けています。 バンヤンツリー・スパ・アカデミー・プーケットは 2001 年に設立され、タイの教育省と保健省から正式な認可を受けています。 バンヤンツリー・スパ・アカデミーでは、しっかりとした基礎教育と幅広いトレーニング・コースを研修生に提供することで、高度なサービス・スキルを備えたセラピストをアンサナ・スパに送り出しています。 研修生のスキルを確実に開発できるよう、各コースの受講生は最大 40 名に制限されています。

2 校目のスパ・アカデミーは、2003 年 12 月にインドネシアのビンタン島に設立されました。 プーケットのスパ・アカデミーと同様、このアカデミーでも高いサービス水準を満たし、バンヤンツリー・スパの世界展開に対応するべく、インドネシア専門のスパ・セラピストを育成しています。

同年、バンヤンツリー・スパは、ハイ・レベルのサービスを提供する献身的な熟練中国人スパ・セラピストを中国国内で育成すべく、中国展開を開始しました。 また、スパ・サービスの品質を常に維持できるよう、マスター・トレーナーを各国のスパに派遣し、卒業生に新たな知識や技術を教えることで、セラピストのスキル向上を継続的に図っています。

スパの哲学およびサービス・コンセプトを高く掲げ、細心の注意と感受性の下にバンヤンツリー・スパのスパ・サービスを提供し、高いサービス基準を保つべく努力を続けています。

セラピストはスパ・セラピーのあらゆる知識領域に精通するよう教育されます。 これには、人体構造、つぼの位置、新旧のマッサージ技術、体重や体質に応じたテクニック、皮膚の表皮や顔への施術に関する知識など、さまざまな知識が含まれます。 セラピストは個々のハーブおよびスパイスの性質と、スパ材料の準備方法に関する知識も備えています。 さらに、お客様に気持よくご利用いただけるよう、アンサナならではの心のこもった挨拶を身につけ、施術室やスパ・パビリオンの準備方法についても研修を受けます。

セラピスト候補者は、アカデミーの研修生として選ばれる前に、厳しい採用プロセスにかけられます。 直感的なタッチやスキル、サービス態度、情熱、気配り、学習意欲などの審査を経たうえで、 セラピストたちはタイ、インドネシア、中国の各地から現地リクルートによって選抜されます。